イギリス&ドバイ食肉産業視察ツアー イギリス編②

イギリスで名店と呼ばれるブッチャーショップ(精肉店)の見学です。

C. LIDCATEは豚はバークシャー・タムワース、牛肉は熟成肉をメインに扱っており高級感漂う店構えにたじろいでしまいます。一通り店舗を見学した後はバックヤードや熟成庫など案内して頂きました。

精肉店1.jpg

精肉店2.jpg

精肉店3.jpg

PROVINANCEはニュージーランド出身の方が立ち上げた新興の食肉店で、取り扱うすべての畜肉をドライエージングして提供することで有名なお店です。美味しい畜肉として「フリー・レンジ(放牧)」と「グラスフェッド(牧草飼育)」の畜肉を扱っています。
肉.jpg

ジンジャーピッグ 熟成肉を中心として販売しており、イギリス人に好まれない脂を多く含む部分はミートパイなどの惣菜加工品を製造して販売している。
肉2.jpg

ホークスモア 映画「ステーキ・レボリューション」でも絶賛されたステーキレストラン
グラスフェッドの牛肉は「かたい」という常識を熟成と焼き加減で柔らかく、香ばしく、肉本来のうま味を味わえるということで有名なお店
肉3.jpg


そして、観光も少々。コッツウォルズの石造りの家屋、歴史を感じさせるタワーブリッジやロンドンアイとカウンティ―ホール、ロンドン塔もすべて石造りの建造物に感激しました。

観光1.jpg
観光2.jpg
観光3.jpg
観光4.jpg

この記事へのコメント