JGAP認証農場

11/19・20・21に佐多農場・根占農場・AIセンターの現地確認を受けて

12/27にJGAP認証農場として中央畜産会のホームページに公表されました。

生産農場の全てでJGAPの認証を受ける事が出来ました。

オリンピックの食料調達基準を満たしました。

佐多農場.JPG
AIセンター.JPG
根占農場.JPG

*JGAP(ジェイ・ギャップ)は、Japan Good Agricultural Practice(日本の良い農業のやり方)の略


--- 2019/1/15追記 ---
JGAPの認定証が届きました。

JGAP認定証.jpg

JGAPの理念と農場が大切にしてきた理念は大きく一致するところがあり
今回JGAP認証を受けることができ大変うれしく思います。
JGAP理念
「農畜産物の安全を確保して消費者を守り、地球環境を保全し、同時に持続的な農業経営を確立することがJGAP の目指す最終的な目標です。」
南州農場企業理念
「南州農場は食糧生産のみならず、農業の持つ多面的機能が十分発揮されるよう、地域社会と共に考え、共に歩み、生産から加工・販売までの一貫経営の道により、安心と安全をお客様にお届けすることを企業理念と考えています。」

JGAP認証の有効期限は2年間で、1年に一回維持審査を受け、2年後に更新審査を受ける予定です。
農場HACCPの差分審査を受けていますので、農場HACCPの審査も並行して継続していきます。

この記事へのコメント